第282回 救いに至る道
2021年 4月 11日のメッセージ

(ホン)性弼 牧師
KirinMission.com
kirinmission@gmail.com

信仰・聖書・実践

ローマ人への手紙 4章 9節~12節
“9.それでは、この幸いは、割礼のある者にだけ与えられるのでしょうか。それとも、割礼のない者にも与えられるのでしょうか。私たちは、「アブラハムには、その信仰が義と認められた」と言っていますが、
10.どのようにして、その信仰が義と認められたのでしょうか。割礼を受けてからですか。割礼を受けていないときですか。割礼を受けてからではなく、割礼を受けていないときです。
11.彼は、割礼を受けていないときに信仰によって義と認められたことの証印として、割礼というしるしを受けたのです。それは、彼が、割礼を受けないままで信じるすべての人の父となり、彼らも義と認められるためであり、
12.また、単に割礼を受けているだけではなく、私たちの父アブラハムが割礼を受けていなかったときの信仰の足跡にしたがって歩む者たちにとって、割礼の父となるためでした。”


動画メッセージ

キリスト愛(基)・隣人愛(隣)・基隣宣教会
宣教支援

群馬銀行 店番号 190(渋川支店) 口座番号1992256 ホンソンピル
ゆうちょ銀行 記号 10450 番号 35644801 店名 0四八 店番 048 ホンソンピル
皆様のお祈りとご奉仕が
宣教の灯を照らします。


主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。



第283回 信仰の相続人 →

← 第281回 新しくなる行い

 

JesusChrist.jp

© KIRIN MISSION  All Rights reserved
kirinmission@gmail.com